●急性中耳炎
 

中耳に細菌やウイルスが入り、急性の炎症がおきて膿がたまる病気です。
中耳には鼻の奥に通じている耳管【じかん】が開いています。
細菌やウイルスが耳管を通って中耳に入ると中耳炎になります。(正常な鼓膜なら、
プールやお風呂の水が耳に入っても中耳炎にはなりません)このように、中耳炎は風邪をひいた時などに
鼻やのどの炎症に引き続いておこることが多いのです。

 --- 症 状 ----------------------------------------------------

ずきずきするはげしい耳の痛み、発熱、耳だれ(耳漏)、耳がつまった感じなどがおこります。
乳児などは痛みを訴えられないために、機嫌が悪くぐずったり、しきりに耳に手をやったりすることがあります。

 --- 治 療 ----------------------------------------------------

軽症の場合は抗生物質や消炎剤【しょうえんざい】などのお薬を飲めば治ります。膿がたまって鼓膜のはれがひどく、
痛みが強い時や、熱が高い時は鼓膜を少しだけ切って、たまっている膿を出すと早く治ります。
急性中耳炎を何回も繰り返す場合(反復性中耳炎)には、何回も鼓膜切開が行われることもあります。
鼓膜は切っても傷は通常数日でふさがりますので、たいていは心配ありません。