●滲出性中耳炎
 

鼓膜の奥の中耳腔という部屋に滲出液という液体がたまる病気です。
原因は急性中耳炎が十分に治りきらずに、鼓膜の内側に膿【うみ】が滲出液となって残ってしまう場合です。
副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎などの鼻の病気や、のどに慢性の炎症があったり、アデノイドが大きい場合などでは、
このような耳管【じかん】の働きが悪くなり、滲出性中耳炎になりやすくなります。

 --- 症 状 ----------------------------------------------------

急性中耳炎と違って、つよい痛みや発熱をともなわないのが滲出性中耳炎の特徴です。
難聴が唯一の症状であることも多く、難聴の程度も軽い場合が多いので気づくのが遅れてしまうこともよくあります。
難聴は、日常生活ではテレビのボリュームを上げる、呼んでも返事をしないなどで気づかれます。

 --- 治 療 ----------------------------------------------------

中耳にたまっている滲出液をなくして聞こえを良くするための治療と、耳に悪い影響を与えている
鼻やのどの病気に対する治療とを並行して行うことが大切です。
耳に対する治療では、聞こえの状態がかなり悪い場合は、とりあえず鼓膜を少し切って中にたまっている
滲出液を吸い出す鼓膜切開術を行い、聞こえの改善を図ります。病気の程度が軽い場合には薬による治療や、
鼻から耳に空気を送る耳管通気<じかんつうき>という処置を行います。
度々、滲出性中耳炎を繰り返す場合は、鼓膜にチューブを入れる手術がよく行われます。
チューブ留置術のために鼓膜にできた穴は、その後の処置でほとんど閉じます。
不十分な治療のために、後で入院手術が必要になる癒着性中耳炎【ゆちゃくせいちゅうじえん】や、
真珠腫性中耳炎【しんじゅしゅせいちゅじえん】になってしまうことも時にありますので放置することは避けて下さい。